工芸科学部アドミッションポリシー

以下は一般選抜のアドミッションポリシーです。一般選抜以外のアドミッションポリシーは、それぞれの募集要項をご確認ください。

応用生物学課程

  • 人材育成の目標
    バイオテクノロジーに関する高度な知識、技術、展開能力を有し、社会の諸問題を解決することができるグローバルな技術者?研究者を育成する。
  • 選抜の方針?ポリシー
    大学入学共通テストにより幅広い基礎学力を測るとともに、個別学力検査では、課程の専門教育の基礎となる教科?科目の学力を測り、大学入学共通テスト、個別学力検査と調査書等を総合し、求める能力?適性を判定する。
  • 求める能力?適性
    ?総合的学習能力、柔軟な発想、論理的な思考能力
    ?生物、化学、物理などの基礎学力
    ?生命と自然に対する深い興味、探究心と観察力

応用化学課程

  • 人材育成の目標
    物質?材料の成り立ちから応用までを俯瞰でき、基礎から応用までの幅広い知識(総合力)と高い専門性の素養を身に着けた、次世代の物質や材料の開発と探求ができる人材を育成する。
  • 選抜の方針?ポリシー
    大学入学共通テストにより幅広い基礎学力を測るとともに、個別学力検査では、課程の専門教育の基礎となる教科?科目の学力を測り、大学入学共通テスト、個別学力検査と調査書等を総合し、求める能力?適性を判定する。
  • 求める能力?適性
    ?創造的、論理的思考能力、柔軟で独創的な発想、チャレンジ精神と行動力
    ?自然科学を学ぶための化学、物理、数学、英語などの基礎学力とその応用?発展能力
    ?実験科学に対する深い興味と人文科学、社会科学への幅広い関心
    ?課題に向かって情熱的に取り組む意欲、化学に対する旺盛な好奇心
    ?物質や材料、生体関連物質に対する好奇心、学習意欲

電子システム工学課程

  • 人材育成の目標
    電子、通信、電気、計測、制御工学分野に関する知識と技術について、理論と実践の両面からバランスよく修得し、社会を支える基幹産業で活躍する人材の育成を目指す。
  • 選抜の方針?ポリシー
    大学入学共通テストにより幅広い基礎学力を測るとともに、個別学力検査では、課程の専門教育の基礎となる教科?科目の学力を測り、大学入学共通テスト、個別学力検査と調査書等を総合し、求める能力?適性を判定する。
  • 求める能力?適性
    ?数学、物理や英語などの基礎学力
    ?論理的思考力、ならびに修学に必要な基礎知識
    ?自然現象に対する好奇心と洞察力
    ?チャレンジ精神と行動力

情報工学課程

  • 人材育成の目標
    製造?サービスなどのさまざまな産業の根幹を支えるICT分野でリーダーシップをとって活躍する人材、および、ICTを活用した先進的なシステムの開発やサービスの創出?提供によって持続可能かつ豊かな情報社会の構築に貢献する人材を育成する。
  • 選抜の方針?ポリシー
    大学入学共通テストにより幅広い基礎学力を測るとともに、個別学力検査では、課程の専門教育の基礎となる教科?科目の学力を測り、大学入学共通テスト、個別学力検査と調査書等を総合し、求める能力?適性を判定する。
  • 求める能力?適性
    ?数学、物理や英語などの基礎学力
    ?論理的な思考力や表現力
    ?好奇心、チャレンジ精神と行動力

機械工学課程

  • 人材育成の目標
    単に機械工学に係る個々の専門知識を習得するだけでなく、それらを統合させる能力や、科学技術の発展の方向や時代と社会の変化の動向を把握し、まだ想像されていない新しい製品やシステムを思い描き、それを具現化する行動力、さらには、自身の国籍に拘ることなく、多様性の受容と柔軟なコミュニケーションを通じた世界変化への洞察力を身に着けた機械工学に係る新価値を創造する高度専門技術者や研究者を体系化された教育プログラムを通じて育成することを目指す。
  • 選抜の方針?ポリシー
    大学入学共通テストにより幅広い基礎学力を測るとともに、個別学力検査では、課程の専門教育の基礎となる教科?科目の学力を測り、大学入学共通テスト、個別学力検査と調査書等を総合し、求める能力?適性を判定する。
  • 求める能力?適性
    ?数学、物理や英語などの基礎学力
    ?ものづくりが好きで、創意工夫して忍耐強く問題に取り組む力
    ?自然に対する興味や好奇心、注意深い観察力
    ?論理的思考力、創造力、チャレンジ精神と行動力

デザイン?建築学課程

  • 人材育成の目標
    歴史と先端が同居する京都という地の特性を活かして、〈KYOTOデザイン〉教育、すなわち地域に根ざすと同時に国際的な競争力のある都市?建築教育を行い、建築家、建築技術者、都市プランナー、修復建築家等の高い実践力を持つ人材を育成する。また、プロダクト、ヴィジュアル、スペース等ものづくりに関わる専門的デザイン能力をベースにしているが、一方でこうしたものづくりに留まらず、産業構造の変化等を見据え、時代に応じて変化する社会的な課題に対し、「デザイン思考」の展開によって新たなサービスの創造や社会実装化に期待が向けられてきており、そのために異分野の専門家とも積極的に協働して、デザインの知識を活かしたイノベーション(Design Driven Innovation)を実現できる人材を育成する。
  • 選抜の方針?ポリシー
    大学入学共通テストにより幅広い基礎学力を測るとともに、個別学力検査では課程の専門教育の基礎となる教科?科目の学力や総合的な学力を測り、大学入学共通テスト、個別学力検査等と調査書等を総合し、求める能力?適性を判定する。
  • 求める能力?適性
    ?緻密な論理的思考力と社会に対する洞察力、それを支えるバランスのとれた学力
    ?美や造形に対する関心と感受性
    ?人間や社会およびビジネスに対する関心と理解力
    ?コミュニケーション能力と協調性
    ?新しい可能性に向けての創造力と表現への熱意

地域創生Tech Program

 地域創生Tech Programでは、上記の各課程のアドミッションポリシー(一般プログラム)に加えて、独自のアドミッションポリシーがあります。

  • 人材育成の目標
    各課程の専門知識および技術をベースに、地域産業の活性化や地域課題の解決に向けて、グローバルな視野で新産業を興すアントレプレナー精神、特許等の知的財産に関する知識、チームで協働して課題解決に取り組めるリーダーシップ精神を有する人材の育成を目指す。
  • 選抜の方針?ポリシー
    大学入学共通テストにより幅広い基礎学力を測るとともに、個別学力検査では課程の専門教育の基礎となる教科?科目の学力や総合的な学力を測り、大学入学共通テスト、個別学力検査等と調査書等を総合し、求める能力?適性を判定する。
  • 求める能力?適性
    ?各課程の「求める能力?適性」に加え、各課程の専門を通して地域創生に貢献するための科学技術、人間?社会?文化に対する広範な関心